雇用のかたち

外国人を雇用するにあたり現在日本では以下 3つ の制度が利用できます。

主に「趣旨・目的」が異なります。

それぞれ詳しく見て行きましょう。

就労ビザでの雇用
・主に会社・企業でホワイトカラーとして働く人向け

・外国人にもその就労分野での学歴・職歴が求めらる

・在留期間は5年・3年・1年・3ヶ月となっており期間の定めなし

→詳しくはこちら

技能実習での雇用
・外国人が技能などを習得して母国で活かす国際貢献の制度

・職種は法定の77職種139作業に限定

・技能実習1号~3号からなり在留期間は最長5年

→詳しくはこちら

特定技能での雇用
・深刻な人材不足に対応する為特定の産業のみ認められている

・必要な技能、日本語能力水準などの基準あり

・特定技能1号は最長5年、特定技能2号は期間の定めなし

 ・家族も滞在可能

→詳しくはこちら

就労ビザ流れ

【STEP1 募集】

様々な募集のかたち

READ MORE

【STEP2 採用】

採用で失敗しない為に

READ MORE

【STEP3 雇用手続き】

受け入れ準備

READ MORE

【STEP4 ビザ(査証)】

出入国管理局にビザの申請

READ MORE

【STEP5 就労サポート】

採用後も企業様をサポート!

READ MORE

その他のビザ

外国人留学生の多い大学

H29 時点 在留学生数

大阪大学 2273人
立命館大学 2141人
京都大学 2134人
同志社大学 1358人
神戸大学 1201人
大阪産業大学 1005人
関西大学 940人
MENU
Translate »
PAGE TOP