教育ビザ

 

 教育ビザとは

小学校,中学校,中等教育学校,特別支援学校,専修学校又は各種学校若しくは設備及教育機関において,語学教育その他の教育をする活動をする時に取得できます。

 

 雇用形態

常勤、非常勤を問いません。

 

 該当職種例

小中高の語学教師など

※企業の運営する語学スクールなどでは別の「技術・人文知識・国際業務」の在留資格を取得する必要があります。

 

 教育ビザの対象となる教育機関

小学校

中学校

義務教育学校

高等学校

中等教育学校

特別支援学校

専修学校

各種学校若しくは設備及び編制に関してこれに準ずる教育機関

 ※これらの学校で教師として働くには教員免許が必要ですが非常勤講師として働く場合は不要です。 

 

 活動の内容

・語学教育

・その他の科目、学科など

  の2分類になります。

 

 在留期間

5年、3年、1年、3ヵ月

 

 申請の為の要件

『学校等教育機関において教育活動をする場合、または教員以外の職で教育をする活動に従事する場合(校長など)』

・大学を卒業し若しくはこれと同等以上の教育を受けたこと

・行おうとする教育に必要な技術又は知識に係る科目を専攻して本邦の専修学校の専門課程を修了したこと(専門士の称号を付与されたこと)

・行おうとする教育に係る免許を有していること。(日本の教員免許が必要になりますが、外国の教員免許を取得している場合、日本の教員免許を取得できる可能性があります。

・外国語以外の科目の教育をしようとする場合は、教育機関において当該科目の教育について5年以上従事した実務経験を有しまた当該外国語において12年以上教育を受けてていること。

『インターナショナルスクールなどにおいて教育をする活動に従事する場合』

・大学を卒業し若しくはこれと同等以上の教育を受け、又は行おうとする教育に係る免許を有していること。

※インターナショナルスクールは、外国籍の児童向けのものなら教育ビザ、日本人児童向けなら技術・人文知識・国際業務ビザに該当します。

 

 報酬要件

日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること

 

 必要書類

 海外にいる外国人を呼び寄せる場合    

・在留資格認定証明書交付申請書

・写真(縦4㎝×横3㎝) 1枚※申請前3か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。

・申請人の活動の内容を明らかにする資料(労働条件通知書又は契約書など)

・関連する職務に従事した機関並びに活動の内容及び期間を明示した履歴書

・学歴又は職歴を証明するいずれかの資料

  a.大学等の卒業証明書,これと同等以上の教育を受けたことを証明する文書又は専門士若しくは高度専門士の称号を付与されたことを証明する文書

  b.免許証等資格を有することを証明する文書の写し

  c.外国語の教育をしようとする者は,当該外国語により12年以上教育を受けたことを証する文書

  d.外国語以外の科目の教育をしようとする者は,当該科目の教育について5年以上従事した実務経験を証明する文書

・事業内容を明らかにする次のいずれかの資料

  a.勤務先等の沿革,役員,組織,事業内容等が詳細に記載された案内書

  b.その他の勤務先等の作成した上記(1)に準ずる文書

  c.登記事項証明書

非常勤常勤で勤務する場合

・直近の年度の決算文書の写し(新規事業の場合は事業計画書)

(小学校,中学校,高等学校,中等教育学校,特別支援学校以外の教育機関に常勤で勤務する場合は不要です)

・招聘理由書など

この他に個別の案件に応じて追加資料の提示を求められる場合もあります。

前の記事

技能ビザ

次の記事

研究ビザ