研究ビザ

 研究ビザとは

入管法では

本邦の公私の機関との契約に基づいて研究を行う業務に従事する活動(一の表の教授の項の下欄に掲げる活動を除く。)

と定義されています。

 要するに国の公的機関や民間企業で研究職を行う場合に付与されるビザですが、大学等で研究職を行う場合は「教授ビザ」になります。 

 

 在留期間

5年、3年、1年、3ヶ月

 要件

学歴もしくは実務経験どちらかの要件を満たしている必要があります。

学歴

次のいずれかに該当すること

・ 大学を卒業(短期大学を除く)を卒業し、またはこれと同等以上の教育を受けたこと(学士・修士・博士)

・日本の専修学校の専門課程(高度専門士)を修了した後従事しようとする研究分野において修士の学位若しくは三年以上の研究の経験(大学院において研究した期間を含む。)を有すること

 

実務経験

10年以上の実務経験があること(大学での研究機関を含む)

 報酬要件

日本人が従事する場合に受ける報酬額と同等以上であること。

※所属機関が国や地方公共団体の場合これらの条件はあてはまりません。

 必要書類

 海外にいる外国人を呼び寄せる場合    

・在留資格認定証明書交付申請書

・証明写真(縦4㎝×横3㎝)※申請前3か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。

・パスポートのコピー

・返信用封筒(定形封筒に宛先を明記の上、392円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの)

・受入機関との雇用契約書の写し

・履歴書(学歴、職歴、具体的な職務内容を記載したもの)

・学的、実務経験の証明書

・受入機関の概要

・会社の決算書(新規事業については事業計画書)

・招聘理由書

 日本に在留する外国人を雇用する場合    

・在留資格変更許可申請書

・証明写真(縦4㎝×横3㎝)※申請前3か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。

・パスポート又は在留カード

・返信用封筒(定形封筒に宛先を明記の上、392円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの)

・受入機関との雇用契約書の写し

・履歴書(学歴、職歴、具体的な職務内容を記載したもの)

・学的、実務経験の証明書

・受入機関の概要

・会社の決算書(新規事業については事業計画書)

・申請理由書

前の記事

教育ビザ