介護ビザ

今までは外国人留学生が介護福祉士養成施設そ卒業し介護福祉士の資格を取得しても日本で介護業務に就くことができませんでしたがH29年新たに在留資格「介護」が創設され外国人も介護業務に就くことができるようになりました。

 

 

 介護ビザとは

本邦の公私の機関との契約に基づいて介護福祉士の資格を有する者が介護又は介護の指導を行う業務に従事する活動をする際必要なビザです。

 

 在留期間

5年、3年、1年、3ヶ月

 

 要件

・介護福祉士の資格を有していること

・介護福祉士をして業務に従事すること

・日本人が受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること

 

 介護のビザを取得するまでの流れ

まず、第一に国家資格である「介護福祉士」の資格を取得する必要があります。

(平成33年度までの卒業生は、介護福祉士試験に合格しなくても卒業年度の翌年度から5年間は介護福祉士となる資格を有する者とする経過措置が設けられています。

詳しい内容は、公益財団法人 社会福祉振興・試験センターのホームページをご覧ください。 

 

介護福祉士の資格を得るには、実務経験ルート、養成施設ルート、福祉系高校ルートがあり、そのうちの養成施設ルートによる資格取得者に限られます。

1.「留学」の在留資格で介護福祉士の資格取得のために介護福祉士養成施設に入る

2.就学後(2年以上)国家資格「介護福祉士」を取得

3.在留資格を「留学」から「介護」に変更

4.本邦の公私の機関との契約により介護福祉士として従事

 

 まとめ

「介護」のビザを取得し日本で就労する場合はかなり時間と労力がかかりますが日本においてもきちんと介護の学術、技術を習得し日本での生活にも慣れている外国人を雇用することは様々なメリットがありますし、外国人にとってもきちんと学んだ後に現場に入ることはその能力を活用できる機会もたくさんあるかと思います。

少子高齢化で介護に携わる人も減少している昨今、優秀な外国人人材に頼ることも多くなってくるかもしれませんね。

    前の記事

    宗教ビザ

    次の記事

    報道ビザ