医療ビザ

 医療ビザとは

医師、歯科医師、その他の法律上資格を有する者が行うこととされている医療に係る業務に従事する活動をする際必要なビザです。

該当例

・医師

・歯科医師

・薬剤師

・保健師

・助産師

・看護師

・準看護師

・歯科衛生士

・診療放射線技師

・理学療法士

・作業療法士

・視能訓練士

・臨床工学技士

これら上記の資格を有していることが条件となります。

準看護師の場合には、日本で準看護師の免許を受けた後4年以内に研修として業務をおこなうこと。

薬剤師、歯科衛生士、診療放射線技師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、臨床工学技士、義肢装具士の場合には、日本の医療機関又は薬局で業務に従事することが必要となります。

 

 在留期間

5年、3年、1年、3ヶ月

 

 報酬

日本人が受ける報酬と同等額以上の報酬を受けることが必要となります。

 

 必要書類

・在留資格認定証明書交付申請書

・写真(縦4cm×横3cm) 1葉 ※申請前3か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。

・返信用封筒(定形封筒に宛て先を明記の上,392円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの)

・申請人が資格を有することを証明する文書

・勤務する機関の概要(病院,診療所等設立に許可を受けることを要する機関の場合は,当該許可を受けた年月日を明示したもの)を明らかにする資料

・その他招聘理由書等