家族滞在ビザ

 

 概要

就労可能な在留資格(技能実習を除く)および「留学」の在留資格をもって在留する者の扶養を受ける配偶者または子として行う日常的な活動、と定義されています。

「日常的な活動」とは

  教育機関において教育を受ける活動も含まれます。収入を伴う活動は含まれません。

「配偶者」とは

  現に婚姻が法律上有効に存続中であることが必要で、離別や死別、内縁関係は含まれません。

「子」とは

  嫡出子のほか、養子、認知された非嫡出子も含まれます。

  (嫡出子とは正式に婚姻関係は成立している夫婦の間に産まれた子)

「留学」の在留資格をもって在留する者の扶養を受ける「配偶者」又は「子」は「家族滞在」ビザを取得することができます。ただし、これは大学、大学院、専修学校の専門課程等の学生に限定され日本語学校で日本語の教育を受ける場合が除外されているので注意が必要です。

 必要書類

申請人と扶養者の関係を示すいずれかの書類

 ・戸籍謄本

 ・婚姻届受理証明書

 ・結婚証明書(写し)

 ・出生証明書(写し)

扶養者の職業および収入を証する文書(扶養能力があることの証明)

収入を伴う活動を行っている場合

 ・在職証明書、営業許可書の写し等

 ・住民税などの課税証明書および納税証明書(1年間の総所得および納税状況が記載されたもの)

扶養者が収入を伴う活動を行っていない場合

 ・扶養者名義の預金残高証明書または給付金および給付期間を明示した奨学金給付に関する証明書

 ・上記証明書に準ずるもので被扶養者の生活費用を支弁することができることを証明するもの

 状況により提出した方が良い書類

 ・家族写真や結婚式の写真等

※家族滞在の在留資格を有する外国人配偶者は、その配偶者との離婚又は死別について届出義務があります。

 まとめ

扶養者が申請人を扶養できる能力があることを証明することが重要です。

グローバル化が進む昨今、日本人と外国人、様々な家族の形が増えてくることと思います。

わからないことがあれば是非ビザの専門家や公的機関にご相談下さい。