芸術ビザ

 芸術ビザとは

収入を伴う音楽、美術文学その他の芸術上の活動(興行に伴う活動を除く)行う際必要となるビザです。

該当例

・創作活動を行う作曲家、作詞家、画家、彫刻家、写真家など

・音楽、美術、文学、写真、演劇、映画その他の芸術上の活動について指導を行う者

 在留期間

5年、3年、1年、3ヶ月

 芸術ビザ取得のポイン

行おうとする芸術活動が客観的に芸術家として称されるもので本邦の公私の機関との契約に基づいて支払われる報酬により十分な生計を維持していける程の報酬を得れることが必要です。

 該当する仕事内容

・芸術の創作活動

いわゆる「芸術家」として何かを創造する活動であり、演奏などして人に見せるには「興行ビザ」となります。

・芸術指導

芸術活動の指導者として活動する場合はこれに当てはまりますが、学校などで指導する場合は「教授」や「教員」にあたります。

 要件

学歴:不問

芸術の創作活動として:入選等の実績が必要

指導者として:相当程度の実績が必要

 必要書類

 海外にいる外国人を呼び寄せる場合    

・在留資格認定証明書交付申請書

・写真(縦4cm×横3cm) 1葉 ※申請前3か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。

・返信用封筒(定形封筒に宛て先を明記の上、392円分の切手(簡易書留用)を貼付したもの)

・ 申請人の活動の内容等を明らかにする次のいずれかの資料

a.公私の機関又は個人との契約に基づいて活動を行う場合

活動の内容,期間,地位及び報酬を証明する文書

b.公私の機関又は個人との契約に基づかないで活動を行う場合

申請人が作成する具体的な活動の内容,期間及び行おうとする活動から生じる収入の見込額を記載した文書

・芸術活動上の業績を明らかにする資料

a.芸術上の活動歴を詳細に記載した履歴書

b.次のいずれかで,芸術活動上の業績を明らかにすることのできるもの

①関係団体からの推薦状 1通

②過去の活動に関する報道 適宜

③入賞,入選等の実績 適宜

④過去の作品等の目録 適宜

⑤上記aからdに準ずるもの 適宜

    前の記事

    企業内転勤

    次の記事

    宗教ビザ