宗教ビザ

 宗教ビザとは

外国の宗教団体により日本に派遣された宗教家の行う布教その他の宗教上の活動を行う際必要となるビザです。

例)外国の僧侶、宣教師、牧師などが日本で宗教活動を行うなど

 在留期間

5年、3年、1年、3ヶ月

 要件

・外国の宗教団体からの派遣であること

※外国での所属先は宗教本部である必要はありません

・日本で宗教活動を行うこと

継続して宗教活動を行う「拠点」が確保されていることが必要となります。

宣教のかたわら所属宗教団体の指示に基づいて宣教活動等の一環として無報酬で行われる場合は一定のその他の活動も認められます。

例)語学教育、医療、社会事業等の活動など

報酬を伴う活動するを場合は「資格外活動許可」を取得する必要があります。

ただし…

・雑務のみを行う単純労度であること

・単なる信者としてのみ行う活動

 は含みませんのでご注意下さい。

 ※宗教活動は本邦の憲法でも保障されていますがここで「宗教」の在留資格を取得し行おうとする活動は法令に違反し又は公共の福祉を害するものであってはなりません。 

 必要書類

 海外にいる外国人を呼び寄せる場合    

・在留資格認定証明書交付申請書

・写真(縦4㎝×横3㎝)※申請前3ヶ月以内に正面から撮影された無帽、無背景で鮮明なもの。

・返信用封筒(※返信先住所を明記し、392円分の切手を貼付したもの。)

・外国の宗教団体からの派遣状等の写し等

※派遣期間、地位、及び報酬を証明するもの

・ 派遣機関及び受入機関の概要を明らかにする資料

※宗派、沿革、代表者名、組織、施設、信者数等

・宗教家としての地位及び職歴を証明する文書

※派遣機関から発行されたもの

※派遣上等に記載のある場合は不要

・招聘理由書など

前の記事

芸術ビザ

次の記事

介護ビザ