フリーランスで働く外国人のビザ取得

通常外国人の方が日本で就労ビザを取得する場合、特定の機関との雇用契約に基づいて就労ビザが許可されます。

しかし多様な働き方のできる現代において外国人講師や通訳ガイド、特殊な技術・技能を持った外国人の中には特定の会社と雇用契約を結ばず複数の企業や個人と契約を結び、安定した収入を得ている人もいます。

多種多様な働き方のできる現代においてはこういった外国人が増えてくるものと思われます。

こうしたフリーランスで働く外国人のためのビザがあります。

このビザは「セルフスポンサードビザ」という通称で呼ばれることが多いですが取得は簡単ではありません。

一般的な要件としては下記が上げられますが個々の案件に応じて他の書類も必要になってくるでしょう。

・学歴要件として、大学院・大学(または短期大学)卒業(日本国内においては専門学校を卒業)

・仕事内容が通訳、翻訳、語学教師、バイヤー、SEなど語学や海外業務等に関連していること
 もしくは学校で学んだ事と従事する仕事に関連性のあること

・学歴がない場合3年以上の実務経験を有していること(理系職種の場合10年以上の実務経験)

・目安として今後3年間の安定した収入が見込まれること

・日本人が従事する場合と同等以上の報酬を受けられること

・契約先が安定性、継続性があること

ここに上げられているもの以外ビザを取得する為の在留資格適合性や上陸許可基準を満たしているか精査する必要がありまた書類は多種にわたり取得は容易ではないかもしれません。

しかし現代にあった働き方を実現する為の手段の1つとして今回お話したビザの取得も考慮してもいいかも知れませんね。

前の記事

経営・管理

次の記事

上陸拒否事由とは